セミナーサービス

2017年12月8日 東京開催のご案内

労働安全衛生はこうしてつくる
~ISO 45001認証取得と、継続できるPDCAサイクル~

主催:株式会社テックコミュニケーションズ
共催:テュフ ラインランド ジャパン株式会社

労働安全衛生マネジメントシステムは、『OHSAS 18001』から『ISO 45001』へ。

  • 労働安全衛生水準の向上は、働く人の安全確保だけでなく、事業継続リスクの低減にも有効です。
  • 国内拠点だけでなく、海外拠点に対しても労働安全衛生に取り組むことが求められます。
  • CSR調達の高まりから、サプライヤーに対しても労働安全衛生の要求が高まっています。

『ISO 45001』は、『OHSAS 18001:2007』に代わる、新しい労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格です。『ISO 9001』や『ISO 14001』など、他のISOマネジメントシステムに取り組んでいる場合、労働安全衛生を含む統合マネジメントシステムとしての運用が可能となります。
本セミナーの第1部では、『労働安全衛生法』に『OHSAS 18001:2007』がどのように織り込まれ、『ISO 45001』へと進化していったのか、労災保険との関係にも触れながら、分かりやすく解説します。
第2部では、労働安全衛生マネジメントシステムにおけるPDCAサイクルを継続するための仕組みとして、必要なときに必要な情報を確認できる情報配信システムについて、事例を交えてご紹介します。

こんな方にオススメします

  • 社内の労働安全衛生労災保険への取り組みに悩んでいる。
  • サプライヤー労働安全衛生に取り組んでいる。
  • 労働安全衛生に必要な書類の作成管理方法に困っている。
  • これから『ISO 45001』の導入を検討している。

内容

第1部

講師:テュフ ラインランド ジャパン株式会社 小林 眞(こばやし まこと)氏

労働安全衛生のための仕組みづくりと運用方法
~OHSAS 18001からISO 45001への変更点と、認証取得のロードマップ~
講師:テュフ ラインランド ジャパン株式会社
労働安全コンサルタント
小林 眞(こばやし まこと)氏

第2部

 講師:株式会社テックコミュニケーションズ 長嶋 裕二(ながしま ゆうじ)

ISO文書は、管理から情報発信へ
~PDCAサイクルを継続する、コンテンツ管理と情報配信の事例を紹介~
講師:株式会社テックコミュニケーションズ
営業推進部 マネージャー
長嶋 裕二(ながしま ゆうじ)

定員

40名(先着順:定員を超えた場合、その旨をご本人に連絡します)

参加費

無料

会場と日時

東京会場

開催日時:
2017年12月8日(金) [受付開始]13:30 /[開始]14:00 /[終了予定] 17:00
会  場:
ホワイトカンバス MON-NAKA セミナールーム(アクセスはこちら
東京都江東区越中島一丁目1-1 ヤマタネ深川1号館1階
株式会社SCREENグラフィックソリューションズ内
(東京メトロ東西線、都営大江戸線「門前仲町駅」4番出口から徒歩約5分、JR京葉線「越中島駅」1番出口から徒歩約7分)
※江東区立深川スポーツセンター側の道路からは、ご入館いただけません。

受付を終了いたしました。たくさんのお申込みをありがとうございました セミナーのお申し込み(東京)

お申し込み時のお願い

  • セミナーの撮影、録音はご遠慮願います。
  • セミナーについてのご質問などは、こちらからお願いします。
ページTOPへ